経済の基礎を知って、賢く生きていこう

経済学を学ぶということは、現実に起こっている経済活動の現象を文章化・視覚化し学習するといってもよいかもしれません。

このような経済モデルなどを理解しようとすると、数学の知識が必要になってきます。経済学には、様々な分野がありますが、経済原論やマクロ経済学、ミクロ経済学などを初め、国際経済学、金融、計量経済学、行動経済学などの理解には、経済学の基礎知識がないと難しくなります。

需要曲線や供給曲線などを使っての企業や政府、家計の行動を理解することは大切です。経済学を知ることで、世の中の経済の仕組みやお金の流れなどがよくわかってきます。

しかし、知識はあくまでも知識のみです。知識が活用されて初めて活きてくるといえます。経済学によって現実の世界の予測ができるようになると、もしかしたら、大金持ちになる可能性もあります。

そのような基礎を学ぶだけでも、全く知らないのとでは全然違います。また、公務員試験や他の資格試験でも出題されることもあります。

経済学とは、この世において有限な資源から、いかに価値を生産し分配していくかを研究 する学問のことである。総じて社会全般の経済活動が研究の対象である。

とされているようです。なにやら難しそうなのですが、経済は私たちの普段の生活そのも のです。

このサイトでは「経済の基本を学び賢く行きましょう」というモットーで、以下のような 項目に関して説明しています。
ポイントサイトhttp://point.i2i.jp/
ペット火葬http://www.suireisha-petceremony.com/
電力比較http://enechoice.jp/

需要と共有とは?

需要とは「ある商品を買おうとすること」を指し、供給とは「ある商品を生産し販売しよ うとすること」をそれぞれ指します。一般に「需要と共有の法則」と呼ばれる法則が成り 立つとされていますが。。。

インフレ・デフレとは?

インフレとは「物価が上がり続ける事」。デフレとは「インフレとは反対に物価が下がり 続ける事」。今日の日本の激安ジーンズ低価格競争にみるデフレスパイラルとリーマンズ ショックとの因果関係について触れています。

日本銀行とは?

「日本銀行」がどのような機関・役割で、経済にどのような影響を与えるかに関して分か り安く説明します。日本銀行の日本の中央銀行としての目的や日本の中央銀行としての業 務に関して分析します。

税金ってどうなるの?

直接税と間接税の違いや、国税、県税、市町村税などジャンルごとにどのような課税がな されるかを紹介していきます。普段納めている税金がどんな風に使われているかわかるか もしれません。